総量規制対象外ローンの金利について

総量規制と言われているものではない融資ローン」と言うと、主なものとしては「銀行カードローン」が該当します。カードローンには、この他にも消費者金融系カードローンや信販系カードローン、ショッピング系カードローンなど様々なジャンルがありますが、これらの中で最も利用環境が優れていると言えるものが銀行系カードローンです。

総量規制対象外ローンの魅力は、何といっても「年収による明確な上限が決まっていない」と言う点です。総量規制対象となるカードローンの場合、年収の1/3を超える借り入れをすることは基本的に出来ません。しかし、総量規制対象外ローンであれば、状況次第では年収の半分以上の借入れをすることも可能です。

また、その他にも「金利が安い」と言うメリットもあります。一般的な消費者金融系カードローンの場合、平均して18%に近い金利が設定される(初回)ことになりますが、銀行系カードローンであれば15%以下で利用することも現実的に可能です。

カードローンに限らず、金融業者を利用して借金をする場合には「如何に返済の負担を軽くできるか」が重要なポイントであり、その大きな要因となるものが金利です。これは直接的に「利息」に関わってくる部分であり、数値が高ければ高いほど発生する利息の割合が大きくなります。極端に言えば、100万円を完済する為には200万円を返済しなければいけないと言うことも珍しくは無い為、その負担が軽くなる銀行系カードローンは、非常に利用する価値があるものだと言って良いでしょう。